JavaScript

Java 入門 HTML 入門 CSS 入門 Excel 入門

JavaScript split

JavaScript split

■ 「split()」は、文字列を指定文字で分割します。第1の引数には、区切りたい文字をダブルクォーテーション("")で囲みます。区切りたい文字が格納されている変数ならダブルクォーテーション("")は要りません。第2の引数には、区切りたい文字列の最大数を指定します。第2の引数を省略すると指定された全ての文字列を分割します。指定文字で区切られた文字列は配列として格納されます。区切り文字は任意で指定できます。指定された区切り文字が無い場合は、そのまま配列に格納されます。
区切り文字が存在する場合に、第2の引数に「0」又は「ありえない値(例えば、区切られた文字列が3種類なのに5を指定する等)」を指定した場合は、区切られた文字列全てが格納されます。

var sp_sam1 = "おはよう,こんにちは,こんばんは";
var sp_sam2 = sp_sam1.split(",");   //変数「sp_sam2」に、「sp_sam2[0] = おはよう」、「sp_sam2[1] = こんにちは」、「sp_sam2[2] = こんばんは」が格納される。
var sp_sam3 = sp_sam1.split("," ,2);   //変数「sp_sam3」に、「sp_sam3[0] = おはよう」、「sp_sam3[1] = こんにちは」が格納される。

対象文字列:

第1引数:

第2引数:

実行結果:

JavaScript

function split_sample() {
   var sp_s1 = document.getElementById("split_text1").value;
   var sp_s2 = document.getElementById("split_text2").value;
   var sp_s3 = document.getElementById("split_text3").value;
   var sp_p1 = document.getElementById("split_p1");
   var sp_s4 = sp_s1.split(sp_s2, sp_s3);   //区切る文字列の最大数を指定
   var sp_s5 = sp_s1.split(sp_s2);   //第2の引数を省略
//区切られた文字列を順番に1つずつ抜き出す
   if (sp_s3 == "") {   //第2の引数を省略した場合に実行
      for (var i = 0; i < sp_s5.length; i++) {
         sp_p1.innerHTML += sp_s5[i];
      }
   } else {   //第2の引数を指定した場合に実行
      for (var i = 0; i < sp_s4.length; i++) {
         sp_p1.innerHTML += sp_s4[i];
      }
   }
}

HTML

<p>
    <input type="button" value="実行" onclick="split_sample()" onkeypress="return true" tabindex="3" accesskey="q">
</p>
<p>対象文字列: <input type="text" value="初めての/Java/Script/プログラム" size="100" id="split_text1" tabindex="4" accesskey="w"></p>
<p>第1引数: <input type="text" value="/" size="5" id="split_text2" tabindex="5" accesskey="e"></p>
<p>第2引数: <input type="text" value="3" size="5" id="split_text3" tabindex="6" accesskey="r"></p>
<p id="split_p1">実行結果: </p>

アクセス数

カウンター数字

Java 入門

HTML 入門

CSS 入門

JavaScript 入門

JavaScript リファレンス

Excel

サイトマップ

お問合せフォーム

Java 書籍

自己紹介

被リンクについて

Web タイピング練習

Valid HTML 4.01 Strict